Schluessel ユーザリファレンス

version 0.4.3

Yuichiro Moriguchi

Copyright © 2009-2012 Yuichiro Moriguchi


[ << ] [ < ] [上] [ > ] [ >> ]         [冒頭] [目次] [見出し] [ ? ]

本書は、R5RS準拠のScheme処理系、Schluesselのリファレンスマニュアルです。 Schluesselのバージョン0.4.3に対応します。

1 Schluesselとは

Schluessel(シュリュッセル)は Java SE 6.0以上のJREで動作することを目的としたR5RS準拠のSchemeのインタプリタです。R5RSの機能以外にもJavaのライブラリをリフレクションを用いて使用する機能や、SchemeのプログラムをJava側から操作する機能も備えています。

SchluesselはScheme言語の標準である"Revised^5 Report on the Algorithmic Language Scheme"(R5RS)に準拠しています。また、Scheme拡張の標準である"Scheme Requests for Implementation"(SRFI)にも対応しています。

Schluesselの主な特徴として以下のことがあげられます。

数の自然な活用

Schluesselにより数を自然に活用することができます。Schluesselは以下のオブジェクトを数(代数)の対象として扱うことができます。つまり、Schluesselを"高機能関数電卓"または"簡易数式処理システム"として使用することができます。

豊富なJava資産の活用

SchluesselによりJavaで記述されたライブラリを活用することができます。JavaのインスタンスはScheme変数として束縛することができます。メソッドも簡単に呼び出すことができます。また、Schemeの主要な型とJavaの主要な型は自然に変換されます。

マルチバイト文字列

Schluesselはマルチバイト文字列を自然に扱うことができます。文字についてはUnicode拡張領域にも対応しています。文字列は16ビットの文字(Unicodeの基本多言語面)までですが(これでも実用では十分である)、Unicode拡張領域にも対応予定です。

グラフィックスの標準サポート

Schluesselはグラフィックスを標準でサポートします。グラフィックスは"Structure and Interpretation of Computer Programs"(SICP)にあるような図形言語により記述されます。

GUIアプリケーションの容易な記述

SchluesselはSwingと連携したGUIアプリケーションを容易に記述できます。JavaによるSwingアプリケーションの記述は約束事が多く簡単には記述できませんが、Schluesselを使用すれば1つのソースファイルで記述できます。

Appletとの連携

SchluesselはJava Appletを連携できます。Appletに対してSchluesselはBASICのように簡単な言語環境を用意します。

ネットワークサポート

SchluesselによりHTTP、FTP、SMTP、LDAPサーバ、SNMPエージェント等と容易に通信することができます。TCPによるソケットの接続も可能です。

タートルグラフィックス機能

LOGOのようなタートルグラフィックス機能をサポートしています。


[ << ] [ < ] [上] [ > ] [ >> ]

この文書は12月 15, 2012texi2html 5.0を用いて生成されました。